FC2ブログ

埼玉県ふじみ野市のトモエ学習塾のブログです。

トモエ学習塾・塾長のブログ

音速!をタイムリーに学ぶ

小6は、2学期の予習で、速さを学習しています。

で、今日ちょうど音の速さが秒速340mくらいって問題が出てきたのですが、

「さっき雷見た?音と何秒ぐらいずれてた?」とタイムリーな話題が出て、盛り上がりました。

たとえば、光ってから4秒後に音が聞こえたら、

道のり = 速さ × 時間  だから、

       340 × 4 =1020m   となり、

約1km離れたところで雷が鳴ったと計算できます。

「なるほど~」 さっき見たばかりだから、実感しやすいですね(笑)。


他に音の速さで問題になるのが、花火。

「今年花火見た?」と聞いたら

「これから、三芳の花火大会あるからいくつもり」とのこと。

調べたら、9月7日(土)ですね。

こらからしばらく天気が不安定ですが、ちゃんと晴れて、楽しめるといいなぁ。




スポンサーサイト
  1. 2019年08月20日 22:34 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個別指導のこと

 今日は日曜日。

 最近、日曜日も塾に来て教えています。欠席者の補習もあるのですが、最近、中学生の個別指導をやっています。

 平常授業に来ている子とは、完全に別ルート。紹介されてウチに来ることになった子で、この夏休みはほぼ毎週日曜日に来ています。

 確かに勉強は苦手ですが、意欲は十分、一つ一つ丁寧に教えれば成果も出ます。

 私としても腕の見せどころ。中学生の内容を教えながら、小学校の「最小公倍数」とか「通分と約分」を織り交ぜて進みます。

「パラシュート式学習」というのですが、必要に応じて、以前の単元に戻って教えるやり方です。時間と理解に無駄がない。


 うん、数学はかなりできるようになってきました。ワークに〇がたくさん並びます。嬉しそう。

 ここ数回は中学校の宿題の面倒もみました。

 宿題は本来、自分でやるものですが、わからない問題があると、「フリーズ」してしまう子がいますので。

 手が止まりそうになったら、すかさず「そこはこうだよ!」と例題を作成して解説。すると似た問題はもう自分でできるようになります。こうやってストレスを少なくしてあげるのも大事ですね。

 隣でアドバイスをしながら解くうちに、だんだんペースが上がっていって、おお、終わったじゃん!!とても嬉しそうな顔をしてました。宿題をきっちりやって、明るい気分で2学期をスタートできそうです。

 というわけで、日曜日の数時間を費やす価値は、十分にあるなと感じました。

 

  1. 2019年08月18日 21:22 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中3・受験生の頑張り

当塾では英検と漢検をやっています。

中3はできれば1学期に両方、あるいはどちらか片方の3級を取ってほしいところ。

ただ、漢字が大の苦手だったりで、漢検を2学期に回す…子もいます。

そんな中、両方3級に合格した子がいます。しかも、1学期は部活動も忙しくて県大会まで行った選手です。

その子の長所は?と聞かれれば、

「まじめ!」

と答えます。

ほんと、やるべきことを手を抜かずにきっちりやる。そこがすごいなと思います。

よく「努力する才能」と言いますが、確かにそれはあると思います。

ただ、がり勉でガリガリやっているわけでなく、部活動と両立しながら、自然にやってのけるところがいいなと思います。学校生活が充実していることも、やはり大切。

がんばれ!受験生!!

他の子たちも、朝から自習室に来たりで頑張っています。

  1. 2019年08月17日 23:32 |
  2. 思うこと・考えること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【社会】自由研究で盛り上がろう!



暑いですが、絶賛夏期講習実施中!です。

中3受験生は北辰対策で理科と社会を復習。

が、いかんせん細かな区別がついていない子が多いです。

天智天皇と天武天皇、国際連盟と国際連合のような区別、ですね。


中1でなかなか家で勉強できない子の宿題を塾で面倒見たりもしていて、学校の「宿題一覧表」を見る機会があります。

昨今は

【自由】 【参加自由】

と書いてあるものもあって、理科社会の「自由研究」がそれにあたります。

何やら「社会科展」なるものに出品する作品も兼ねて、ということのようですが。



で、中3受験生に「君たちは出す?」と聞くと

「「「出さない!」」」 と息ぴったりの返事。うーむ。

よし、これを利用して社会の勉強を盛り上げよう!ということで塾の宿題として、一つやってもらうことにしました。

で、ちゃんと完成したら学校に出すことにすると。

内申上げるのに少しは貢献できるかもしれないし。

で、今朝30分ほどかけて思いついたテーマを紹介しました。下記のようになります。


自由研究の例

1.天下人3人についてまとめ、比べる(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)。
 幼少期のエピソードや、人柄などについて。また、戦いや政策(太閤検地)など。勉強になります。

2.世界の国々についてまとめる。いくつかの国をピックアップして、その国の気候、宗教、産業、有名な観光名所など
 をまとめる。世界一周旅行をするつもりで、国から国へ移動する形式でもいいでしょう。

3.三大宗教についてまとめる。キリスト教であれば、聖書のエピソード(アダムとイブ、ノアの箱舟、モーゼの十戒)、
イエス・キリストのエピソードなど。仏教ならブッダ(シャカ)についてのエピソード。塾にある歴史漫画である程度
調べられます。ちなみにムハンマドの絵を描いてはいけません。

4.世界遺産めぐり。日本の、あるいは世界の世界遺産を旅してきたことにして、イラストと一緒にまとめる。
 日本なら原爆ドーム、厳島神社、法隆寺など。海外ならピラミッド、万里の長城やマチュピチュなど。

5.天皇さまの系譜について。もちろん、全員について書くのは無理。教科書に出てくる主な天皇(上皇)様を年表
 で並べて紹介。奈良の大仏の聖武天皇、建武の新政の後醍醐天皇など。明治天皇や昭和天皇も紹介できる
 エピソードはたくさんあるはずです。

6.幕末~明治の偉人たちまとめ。坂本龍馬や西郷隆盛、新選組の土方歳三など。けっこう壮絶な人生を送った
 有名人たちについてまとめ、イラストも描いてみましょう。

7.外国の王様や大統領などのまとめ。海外で有名なその国のトップだった人物について。秦の始皇帝、モンゴルの
チンギス・ハン、フランスのルイ14世、アメリカのワシントン大統領、リンカーン大統領、ドイツの独裁者ヒトラーなど。伝記を読んで読書感想文を書けば、一石二鳥かも。

8.日本全国グルメ旅。日本各地の都市や街をまわり、地元の有名な食べ物を食べた(ことにする)。テレビの番組で
 知った食べ物なんかも調べると面白そう。どうしても食べたくなったら「お取り寄せ」して食べた感想も。

9.「~の戦い」「~の乱」「~戦争」まとめ。応仁の乱、関ケ原の戦い、桶狭間の戦い…名前は知ってても、どこで
 起こった戦いなのか知ってる人は少ない。日本地図に印をつけて、戦いの場所を示す。もちろん、誰と誰が戦ったのか、勝敗の結果なども記しておきましょう。

10.太平洋戦争について。なぜ日本はアメリカとの戦争に踏み切ったのか。ミッドウエー海戦、戦艦大和の最期、
 沖縄の地上戦、原爆投下の意味…ネットで画像を検索して印刷、張り付けてもいいでしょう。資料はたくさんある
はずです。

11.人権について。人間は平等であるはずですが、「差別」は世界のあちこちで行われていました。アメリカの黒人
 (アフリカ系)の人々、ネイティブアメリカン(先住民)。ヒトラーに迫害されたユダヤ人、オーストラリアのアボリジニ。
 どのような差別があり、現在はどうなっているのか。中3の公民の予習にもなります。

12.3人の初代将軍まとめ。鎌倉幕府をつくった源頼朝、室町幕府の足利尊氏、江戸幕府の徳川家康。幼少期から
 幕府を始めるに至った経緯、晩年までの日々をまとめる。新たな発見があるでしょう。

 何人かが「面白そう!」と言ってくれたので、来週はさらに具体的なまとめ方などを指導します。

 中1中2にもやろうかなと思います。

 ちなみにボツにしたテーマが

「お坊さんを調べよう!」 … 鑑真、空海、最澄、行基、法然、親鸞、日蓮、一遍…と、教科書に出てくるお坊さんをひたすら調べてまとめるというものです。

「それも面白そう(笑)!」と言ってくれた子もいましたが、

「坊主めくりみたい?」とつぶやいた子も(苦笑)。

ともかくも、自分で調べると面白いよ!ってことで社会を好きになるきっかけ作りをしていきます。






  1. 2019年08月03日 13:52 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏期講習スタート!



夏期講習が始まって4日目。

中3受験生は9:40からの授業前に、自習室を開放。

8:30から、今日も数名が早めに来て勉強しています。

お昼をはさんで、授業終了は16:30。

長丁場ですが、仲の良い子たちなので、休憩時間に楽しそうにおしゃべりしてたりで、授業で頑張るときとオン・オフの切り替えがきっちりできています。さすが中3。

がんばれ!受験生!

  1. 2019年07月25日 09:23 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»