FC2ブログ

埼玉県ふじみ野市のトモエ学習塾のブログです。

トモエ学習塾・塾長のブログ

春期講習会へ向けて

 今日は生徒面談(小5から中3が対象)。生徒一人一人と話をしました。

 通信簿を持ってくるということで、慣れてない生徒は緊張でがちがちでした(苦笑)が、今回はさほど厳しく叱ったりした子はいなかったですね。それだけ、真面目な子が多いということです。

 部活動など、塾以外での彼らの様子を聞けるのも、この面談の楽しみです。頑張っている様子を聞くと、嬉しくなってきますね。みんな、部活と勉強が両立できるようにサポートしてあげたいです。

 春期講習は、この1年を加速させる、大切なイベントです。1学期の成績をぐいっと上げるべく、頑張りましょう!!

スポンサーサイト



  1. 2013年03月26日 22:36 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年の歴史

 トモエは、今年で11年目を迎えました。

 10年やると、色々な財産が増えてきます。

 一つは信頼して下さる保護者のみなさんです。在塾生、卒業生の弟や妹が今年も入ってきました。中には3兄弟でってパターンもあります。兄弟(姉妹)は似ているところが見つかったりするので、何やらなつかしかったり微笑ましかったりしますね(笑)。

 また、兄や姉から色々聞いているせいか、塾に順応するのが異様に早いのも弟妹の特徴で、こちらとしてもやるやすいので助かります。

 また、卒業生の保護者の方が、新しい生徒を紹介して下さることもあります。本当にありがたいことです。

 もう一つの財産としては、卒業生が遊びに来てくれたり、eトレのトレーナーになってくれたりすることです。昨年度はトレーナーが4人いたのですが、その一人がこのたび大学を卒業、就職するので送別会を開きました。「大したことはしてません」と本人は謙遜していましたが、塾生にとっては話しかけやすいお姉さんとして、親しまれていました。

 ともあれ、教え子たちとお酒を飲んで楽しい時間を過ごせるというのも、長くやってないとできないこと。頑張って、塾を続けていきたいと改めて思いました。

  1. 2013年03月25日 22:50 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教育がチーム力向上の鍵

WBC,日本は残念ながら準決勝で敗退でしたね。

優勝したのはドミニカ共和国。大リーガーがたくさんいる強豪チームですが、4年前は格下のオランダに負けてしまい、「侮辱的な敗戦だ」と国民が嘆いたそうです。

当時の敗因の1つに「責任感のなさ」を挙げた専門家がいます。4年前の大会中、3人の選手が宿舎を抜け出して朝までパーティ・・・。一睡もしないで試合に臨み、負けたそうです。個々の能力は高いが、チームの結束がイマイチだったことが敗因だったわけです。

それからドミニカでは子どもたちからメジャーへ挑戦するレベルの選手まで、「教育」を行き渡らせることに努力したそうです。そうした中で、チームに対する責任感を育てていったわけですね。

また、プロの野球選手になれる人は本当にごく一部。途中で野球をあきらめる子どもたちのほうが圧倒的に多い。だからこそ、一定の教育を受けた人材、責任感のある人材を育てることが大切なのだと。

なるほどなあ・・・優勝できたのも、納得です。


また、日本が過去2回の大会で優勝できたのも、高い教育レベルを土台にした責任感やチームワークの良さがあったからだと再確認しました。

4年後は、また日本が勝ってくれるといいですね。

追記:日本は教育は受けてるのに、責任感やモラルに欠けてる人が多くなったように思うのですが・・・
   将来に危機感を感じます。
  1. 2013年03月20日 17:36 |
  2. 思うこと・考えること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

震災から2年  募金 と 自立支援プロジェクト

 震災から2年がたち、私たち埼玉県で暮らす人々にとってはすでに「過去のこと」になった感があります。

 しかし、被災地では未だに避難生活を余儀なくされている人々がいて、支援が必要です。

 募金をしている人は多いでしょうが、困ったことに

   募金 や 義援金 が、被災地に届いていない

   募金で集まったお金が、別のことに使われている


 という事実があるようです。


 また、被災地にいる人々も、支援だけを頼りに生活するのではなく、

   自分たちで働いて、生活を成り立たせたい

 という思いがあります。


 私だったら・・・やはり、自分で稼いで、生活できる道を探したくなるでしょう。
 何もせずに支援を待つというのは、何か違和感を感じるのです。


 私たち夫婦が、「自立支援プロジェクト」に賛同し、ミサンガを売ることにしたのは、その目的や意義に共感したからです。

 私たちがミサンガを「卸し」ているのが、NBC作戦本舗さんです。

 HPを見ていただくと、ミサンガ以外にも色々なものを売っています。Tシャツもあればトートバッグなんかも。そうしたものを購入することが、被災地を応援することになるし、ただ募金するより有意義なことではないかと思うのです。

 Amazonでも買えますし、ネットで調べてみて下さい。

 HPはこちらです。 ⇒ NBC作戦本舗
  1. 2013年03月15日 22:33 |
  2. 日々の生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

合格発表日

今日はあの震災から2年・・・ですが、県立高校の合格発表日でもあります。迷ったのですが、まずは合格発表の話を書きます。

本日朝、いの一番に飛び込んできたのはM君、川越南高校、無事合格です!

決して順風ではなかった彼の中学生活や成績でしたが、「やるだけやって、ダメだったら仕方がない」。志望校を下げることなく、挑戦した姿勢は立派でした。冬の1~2月でぐんぐん伸びたように思います。

他にも所沢北高校、市立川越高校、志木高校、川越工業高校に合格者が出ました。所沢北はほぼ毎年合格者を出しているので、途切れることがなく嬉しく思います。

県立は全員合格・・・といきたかったのですが、今年は残念ながら1名、不合格者が出てしまいました。うーむ。「入試に絶対はない」ことを、あらためて痛感しました。残念でなりません。


本年度は実は、私立を第一志望にする子が多かったのが特徴です。私立組は1月の入試で星野(共学部)、淑徳巣鴨、山村学園、大東文化第一、秋草学園に入学を決めました。


県立へ行くより、私立の上位クラス(特進クラスとか呼ばれているものです)に行った方が、大学入試では良い結果が出るのでは・・・という考え方によるものです。実際、私立のほうが大学実績は良いので、受験生・保護者とも悩みどころだと思います。


これで24年度の入試は一区切りです。

震災の復興は・・・まだまだ一区切りではないですね。最近のNHKスペシャルなどを見ていて思います。とりあえずはここまでにしますね。 

震災については、また別の機会に書くことにします。


  1. 2013年03月11日 16:07 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単語・漢字の覚え方

昨日の中1では単語テストへの取り組み方を指導しました。

毎回、10問ずつの単語テストを行う。出来る人は、1日に複数回のテストをやって進んでよい。

【おすすめ練習方法】

ノートに3回ずつ書く。単語を書くときは途中で見本を見たりしないで、一気に書く。

次に、一番大事なこと。自分でテストをして、採点する。⇒間違えたら練習して、またテストしてみる。

この繰り返しで覚えたら、テストを取りに来る。


私は「ともかく10回書いてこい」という宿題の出し方をしません。

テストで合格することが第一で、合格できるなら練習が少なくても構わないのです。


今日の小5・国語の授業でも漢字練習は自分でテスト!と話しました。この勉強方法が身に付くと、短時間で覚えることができるようになります。

頑張って覚えよう!!




  1. 2013年03月07日 22:19 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がんばれ、受験生!!



2月が終わりました。

県立高校受験を控えた中3生たちは、週5回のペースで塾に来て学びました。
毎週日曜日も補習。過去問をガンガン解きました。

画像は皆勤の子のタイムカード。28日中、20日間来てます。


過去問もだいぶさかのぼって、平成13年度までやりました。国語の作文などは苦手だった子もいましたが、今では全員が時間内に書けるようになりました。このように‘慣れ’で克服できる部分は「傾向と対策」でやりようがありますね。

さて、3月は2日(土)、3日(日)の特別補習でラストです。
風邪ひくなよ、頼むから。


  1. 2013年03月01日 15:37 |
  2. 塾での出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0